使用ピックは Jim Dunrop Tortex Standard

初心者が悩んだ末やっと1本に絞った初めてのエレキギターを買って、次にとまどうのは弦とピックの多さだと思います。 私の場合、弦は Ernie Ball の .010 ~ .046 で落ち着いていますが、今日はピックについて書いてみます。

まず、トライアングル (オニギリ) 型かティアドロップ型か (初心者の場合それ以外は無視して良いでしょう) を選ばなければならないです。 トライアングル型は、カッティングフレーズなどは弾き易いのですし、三ヶ所使えてお得という話もあります。

しかし、バンド演奏でソロもバッキングも通して使うならば、まずは硬すぎないティアドロップを使ってみることをお勧めします。 恐らくギターを買ったのはかっこいいリードプレイにあこがれたからのはず (私はそうです)。 やはり速弾きフレーズはティアドロップの方が弾き易いです。

Jim Dunlop picks

後は好きなブランドのものを選ぶことになると思いますが、私は Jim Dunrop Tortex Standard の黄色と緑を気分で使い分けています。何故ジムダンロップのこのピックかというと厚さの種類が多く店頭で入手しやすいからです。 以下の通り6種類あります。

Red 	 .50mm
Orange 	 .60mm
Yellow 	 .73mm
Green 	 .88mm
Blue 	1.0 mm
Purple 	1.14mm

黄色と緑は、Medium ~ やや Hard といったところでしょうか。カッティングフレーズは柔らかい黄色の方が弾き易いですが、現状のバンドレパートリーではそんな場面がないので緑を基本にしています。

ピックは比較的安いパーツなのでいろいろ試してみるのがよいのですが、それでも大きくハズしてちょっとしか使わないともったいないので、最初は無難なこのあたり (ティアドロップミディアム) を数種類買ってみるのをお勧めしておきます。いきなり通販サイトでまとめ買いというのは止めたほうが良いと思いますね。どーでもいいですが Amazon でもピックが買えます (Jim Dunlop での検索結果)。 Amazon 恐るべし。

それと、ブツにこだわり過ぎるよりも、まず自分の腕を磨くのが先という話もありますねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*