カヴァリエ使用感など - 入門用に良いと思う

先日のエントリは万年筆に対して negative な感じになってしまいましたが、カヴァリエは気に入っています。まあ、比較対象が二十年ぐらい前の雑誌の付録なのでアレですが、手持ちのどの万年筆よりも掠れにくいです。システム手帳と共に持ち歩きますが、Fのペン先は手帳に書き込むのに丁度よいです。カートリッジがきちんと隙間無く差し込まれたか確認しやすい構造で、持ち歩いていても今のところトラブルはありません。

手ごろな価格と細身のスタイルは初めての万年筆として適しているように思います。太いものより持ち歩きやすいですし、ボールペン等から切り替えても太さの違和感はないでしょう。万年筆コレクターは見向きもしないでしょうが、実用品として良いと思います。

ただ、これはカヴァリエに限らないのですが、万年筆を使っていて気になることはあります。一つめはペン先に埃がつきやすく、そうなるとインクを吸った埃が紙を汚し線が乱れることです。二つめはしばらく筆を休めているとすぐ書き出しが掠れてしまうことです。私はこれを避けようしてせわしなくキャップをつけたりはずしたりを繰り返してしまいます。

それでも万年筆で書くのは好きですけどね。「ホコリがつかないペン先」って開発できないものですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*