年賀状と万年筆

このところずっとプリンタで印刷していたのですが、今年の年賀状の宛名は手書きにしました。文面の方は以前より印刷+手書きコメント(省略あり)というスタイルを続けていたのですが、枚数も 50枚程度でそれ程多くないし手書きの場面が少なくなっているので今年は宛名も手書きにしてみようと思い立ったのでした。昨年は万年筆を久しぶりに使い始めたのでそれで書いてみたいというのもあります。

最初は太めのペン先 (サイズわからず) で書こうとしたのですが、結局カヴァリエ (ペン種 F) を使いました。縦書きだと字が汚れてしまうので横書きで書くのですが、すると細めの文字の方がしっくりくるのです。

また、文面のコメントも万年筆で書こうと思ったのですが、インクジェットプリンタ用年賀葉書の文面に万年筆で書こうとするとインクが滲んでうまくありません。結局こちらはボールペンで書きました。

  • 太めのペン先って自分にとってはやっぱり用途ないかも
  • はがきの文面に使えない万年筆ってやっぱり嗜好品かも

2007.12.29 追記
平成20年の年賀状印刷面にプリンタ印刷後万年筆を使ってコメントを入れましたが、今回は滲みが気になりませんでした。前回同様 (写真用でない) インクジェット紙の葉書です。葉書が改善されたのか神経質だったのか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*