Fedora 14 に Oracle Database 10g Express Edition をインストール

Fedora 15 のリリースが目前ですし、11g Express Edition のベータも提供され始めているので、賞味期限切れとなる前に書いておきます。

インストールガイドに従って (といってもダウンロードして rpm を実行するだけですが) Fedora 14 に Oracle 10g Express Edition をインストールすると以下のようにエラーとなります。

# rpm -ihv oracle-xe-univ-10.2.0.1-1.0.i386.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
error: "net.bridge.bridge-nf-call-ip6tables" is an unknown key
error: "net.bridge.bridge-nf-call-iptables" is an unknown key
error: "net.bridge.bridge-nf-call-arptables" is an unknown key
error: %pre(oracle-xe-univ-10.2.0.1-1.0.i386) scriptlet failed, exit status 255
error:   install: %pre scriptlet failed (2), skipping oracle-xe-univ-10.2.0.1-1.0

ここでメゲずに再度実行すると無事インストールが完了します。 これは sysctl コマンドの挙動が以前と変わったためのようで、初回実行時に /etc/sysctl.conf が書き換えられ、2度めは以下の様に成功するのです。 こちらのやりとりの後半でこの情報を得ました。

# rpm -ihv oracle-xe-univ-10.2.0.1-1.0.i386.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
1:oracle-xe-univ         ########################################### [100%]
Executing Post-install steps...
You must run '/etc/init.d/oracle-xe configure' as the root user to
configure the database.

上の出力にもあるように、以下のコマンドを続けて実行すれば準備オッケーです。

# /etc/init.d/oracle-xe configure

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*