EOS Kiss Digital N を1年使って

EOS Kiss Digital N を購入して1年が過ぎようとしています。1年使ってみての感想等買いてみたいと思います。
[やっぱり子供を撮るには一眼レフ]
主な被写体は息子なのですが、小さい子供は動き回るし表情もすぐに変わってしまいます。なのでサクサク取れるカメラでないとシャッターチャンスを逃してしまいます。コンパクトデジカメだと起動もズームもメニュー操作も時間がかかるので、この部分は一眼レフに変えて一番良かったと思うところです。


[18-200mm という選択]
サードパーティから 18-200mm という高倍率ズームが発売されています。こちらを買えばダブルズームキット付属レンズの画角は1本で間に合ってしまいます。キヤノン純正でこのようなレンズがあったら、間違いなく購入していたでしょうね。


でも、自分にとって最初はダブルズームキットを買って良かったと思います。撮影する場所を考えて広角を使うか望遠を使うかを意識するようになったし、レンズを変えるのが億劫にならなくなったので。


[不満点]
結局買った直後に感じていたことがそのままではありますが、


・やっぱりグリップは太くして欲しい。
・ファインダーの小ささについては仕方ないのかな。


という感じです。ただ、だからと言って 5D や 30D を買おうとは思わないし、Kiss Digital N の後継機が出たら買い換える、ということにもならない気がします。何世代か先のモデルになったらわかりませんが。
ちなみに最近の撮影は RAW で撮るようになりました。Canon のユーティリティーや Photoshop Elements 4.0 を使っている限りでは特に RAW だから扱いが面倒ということもないです。(もちろん JPEG と全く同じ扱いにはならないのですが)
そうそう EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM の修理ですが、結局汚れは簡単に取れないところについたらしく、レンズユニット交換という大掛かりなものになってしまいました。交換する部分にシリアル番号が刻印されているためシリアル番号が変わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*