EP-901A の修理

EP-901A の ADF (オートドキュメントフィーダー) が壊れてしまいました。 妻曰く「紙詰まりしたので、紙を取り除いたら読み込まなくなった」とのことなのですが、確かに紙を差し「OK」を押してスキャンをスタートさせても大きな異音を発するのみで紙がうまく吸い込まれません。 若干の疑惑の目を妻に向けつつも、詰まった紙を取り除く程度で不具合が起こるならばそれは保証の範囲だろうと思い、とっとと修理に出すことにしました。

EPSON のサポートを利用するのは初めてなのですが、ここで利用したのはドアtoドアサービスです。 これは引き取り修理サービスでプリンタを家まで取りに来てくれるのです。 車のない我が家なので、比較的重い家電製品であるプリンタを持ち歩くことを考えると、「+1,575円」程度の費用であればこの手のサービスを利用することを選択してしまいます。

サポート窓口に電話をして (正確には妻に電話させて) ドアtoドアサービスを申し込み、引き取りの日にちを決定します。 修理作業の処理能力に応じて一日当たりの引き取り可能個数が設定されているようで、申し込めばすぐ来てくれるというわけではありません。

しかし、その分引き取ってからの処理は迅速でした。 うちの場合、水曜午前に集荷に来て、金曜には戻ってくる、ただし、金曜不在で土曜に受け取り、というような具合でした。 「最短で」と謳われている3日で修理してもらえたようです。

修理自体は メーカー保証の範囲で対応してもらえたので結局出費はドアtoドアサービス基本料金の 1,575円のみでした。 以前 VAIO も引き取って修理してもらいましたが、いずれも物を出しておけば梱包してもらえ、楽チンでした。

壊れないのが理想ですが、万が一修理が必要になった場合、引き取りサービスの利用を検討してみてはいかがでしょう、というお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*