「模倣犯」

今はあまりないですが、発売されてしばらくは、電車の隣の人が文庫を広げているので「何を読んでいるのだろう??」と思って(さり気なく)覗いてみると「模倣犯」だったということはよくありました。


宮部みゆきはやっぱりそれだけ売れているのですね。


というわけで「模倣犯」です。読み応えのある分量でした。内容も期待を裏切らないだけのものはありました。で、思ったこと:
・「理由」もそうだったけど、やはり単行本で出たときに読んでいれば良かったなあ。
 多分、文庫になる頃には時代が宮部みゆきに追いついてしまうのだと思います。


・最後の対決の場面はもう少し枚数を割いた方が良かったかなあ。
 ピースの発作という伏線はあるので、アリだと思うのですが、
 確かにあっけない気はします。


・水野久美の存在でだいぶ救われている…


・視覚障害ってフィクションだったのね、騙された…
という感じです。こう書くといくぶんネガティブに聞こえるかも知れませんが、基本はお勧めです。読後しばらく経ったのですが、今最後の方を読み返してみても泣けてきます。義男のせいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*