Word で見出しにつける段落番号について整理してみる

Word で見出しに段落番号が思い通りに振られないことってありますよね? 特に他人が適当につくった (直タイプした!!) 段落番号を直しているときにありがちです。 こんなときは以下をチェックしてみましょう。(この記事は Word 2003 で試しています -> Word 2007 に関してはこちら!)

見出しと段落番号

同じ段落番号書式が選択されているか?
各見出しの位置で「箇条書きと段落番号」メニューを選択すると表示される「箇条書きと段落番号」ダイアログボックスを確認したとき、「アウトライン」の同じ位置のものが選ばれていればオッケー。

箇条書きと段落番号

アウトラインレベルと組み込みスタイルの対応
先の「アウトライン」タブの「変更」を押して表示される「アウトライン番号の書式設定」ダイアログボックスで「オプション」の部分の内容を見て、アウトラインレベル (レベル1、…) と組み込みスタイル (見出し1、…) がきちんと対応しているかを確認します。

「レベル」1を選んだときに「レベルと対応づける見出しスタイル」が「見出し1」
「レベル」2を選んだときに「レベルと対応づける見出しスタイル」が「見出し2」
...

となっていればオッケーです。

アウトライン番号の書式設定

ところでこのダイアログボックスですが、レベルを選択しなおしても現在位置の書式が変わるわけではありません。 ですので、一度「アウトライン番号の書式設定」ダイアログボックスを表示すれば各レベルに対応した見出しスタイルを続けて設定・確認することができます。

番号のリセット条件
同じく「アウトライン番号の書式設定」ダイアログボックスで各レベル (レベル1を除く) において、「連番を付けるレベルを指定する」がチェックされ、それぞれ1つ上のレベルが選択されていることを確認します。 例えば「レベル」2を選んだときに「連番を付けるレベルを指定する」&「レベル1」と指定されていれば、レベル1が変わったときにレベル2の値がリセットされます。

しかし、「連番を付けるレベルを指定する」と言われても何のことやら、と感じてしまいます。 英語版だとしっくりくるテキストになっているのでしょうか?

以上の操作で直ったと思いますが、いかがでしょう? 前の記事の繰り返しになりますが、将来更新する可能性のあるドキュメントはこの辺りをしっかりやっておいた方が絶対に良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*