iPhone の無料アプリで耳コピ

耳コピについては以前もいろいろ書きましたが、今回は「THR Session」というヤマハ製 iOS 用アプリの紹介です。 ざっと特徴を書いてみます。

  • ギター/ベースパートの抽出機能とキャンセル機能がある
  • テンポを 100% ~ 50% の範囲で設定可
  • ピッチを半音単位で最大全音上下できる
  • A-B 間リピート機能

ピッチ変更の機能が弱い気がしますが (ベースはオクターブ上げとかしたくなるかも知れないので)、耳コピ用の再生ツールとして基本的な機能は備えています。 何といっても THR のアンプの方を買っていなくてもこのアプリは無料で使用できることが最大の特長でしょう。

ただし、再生専用です。 つまり、iOS 機器用音声インターフェイスを使ってギター入力を iPhone で受けることはできません。 エレキギター (ベース) を合わせて演奏するには iPhone からの出力とギター出力をミックスするための機器が必要です。 もちろんヤマハのお勧めは THR アンプと組み合わせて使うことです!

また、対応機種に含まれていないので、iPad では使えないようです。

THR Session

操作はこちらサイトの「特長」の詳細を見れば大体わかるのですが、音源は音楽ライブラリの中から選ぶことになるので iTunes を使って iPhone に取り込んでおきます。 トグルボタンを右に倒せば抽出 (耳コピ) モード、左に倒せばキャンセル (カラオケ) モードとなります。 ベースの場合は下部右から 2つめのアイコンをタップして「BASS MODE」を選択し、トグルボタンを右に倒すだけで耳コピ作業に入れます。

ギターの場合は拾う (キャンセルする) 音域を「GUITAR HIGH MODE」、「GUITAR LOW MODE」のどちらかに選択します。 また、アンプキャビネットに現れる楕円の範囲を指定することでどのパン位置の音を拾うかを設定できます。

楽器を弾きながら耳コピする場合はパソコンよりも iPhone ぐらいのデバイスの方がやりやすいという人も多いと思うので、興味があれば是非試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*