WP 3.6 (Twenty Thirteen) と Standard WE ついでに Twenty Ten

3.6 RC が出て、もう少しで WordPress 3.6 が日の目を見ることになりそうです。 もともと 5月に出る予定だったのにすったもんだがあって、7月のこの時期にやっと Release Candidate が出た、ということですね。

さて、Standard Widget Extensions ですが、本日アップデートを行って Version 1.1.1 となりました。 今回のアップデートのメインテーマは WordPress 3.6 に漏れなく付いてくる (予定の) Twenty Thirteen への対応です。 いや、何が難しかったかというと、サイドバーの親要素に position = absolute なんてのがいるし、メインとサイドバーの要素は最初から top の値がずれてるし…、みたいなところです。

でも、それらをきちんと対応しました。 恐らく非標準テーマでも使いやすくなったことでしょう。 ただ、Twenty Thirteen のサイドバー要素の ID が無いのはいかんともし難いのでそこはテーマファイルの方に手を加えていただかねばなりません。 というわけで、Twenty Thirteen と共に Standard Widget Extensions を使うための方法を説明するのが今回のエントリの趣旨です。

サイドバーがなくなった!

Twenty Thirteen を使ってまず最初に気づくのはサイドバーが無いことなんですね。 ありゃー、Standard Widget Extensions の出る幕なし。

…と思いきや、「副ウィジェットエリア」(リリース前なので名称変更の可能性あり!) という名の 2番目のウィジェットエリアにウィジェットを追加すると自動的にサイドバーが表示されるようになります。 テーマ開発者の意図としては、基本的にフッターのウィジェットエリアを使ってサイドバーは使わなくても良いでしょ、ということの様です。 ですが、やっぱりサイドバーは必要ですね (=ポジショントーク)。 というわけで、まずはこの副ウィジェットエリアに必要なウィジェットを追加しましょう。

Twenty Thirteen に手を加える

ウィジェットを加えてサイドバーが現れたら、次にテーマファイルに手を加えます。 というのも、サイドバーとして扱いたい div 要素に ID 属性がないからです。 そのままでは Standard Widget Extensions は使えないので、以下のように Twenty Thirteen の sidebar.php を修正します (diff 形式表示)。 ま、「mysidebar」でなくてもいいんですが…。

 if ( is_active_sidebar( 'sidebar-2' ) ) : ?>
        

もし、オリジナルに手を加えたくないというのであれば、子テーマを作りましょう。 子テーマファイルを用意したのでご利用ください。

あとは Standard Widget Extensions の設定画面で以下のように設定するだけです。

メインカラムの ID
primary
サイドバーの ID
mysidebar
ウィジェットのクラス名
widget
次の幅以下で無効化
1000

ついでに Twenty Ten

Twenty Twelve と Twenty Eleven はそのまま使えるのですが、Twenty Ten も Twenty Thirteen 同様に一工夫必要なテーマです。 と言ってもこちらはずっと簡単です。 以下のパラメータを設定して、「ウィジェットエリア1」のみ使用してください。(「ウィジェットエリア2」は空のままにします。)

メインカラムの ID
container
サイドバーの ID
primary
ウィジェットのクラス名
widget-container

日本語公式サイト

宣伝しておきます。

  • Standard Widget Extensions 日本語公式ページはこちらです。
  • まだ使っていない方は是非「Quick Switchback モード」を試してみてください。 記事とサイドバーが長めのサイトには有効だと思います。

気に入ったら是非 Twitter や Facebook で広めてください。 Thin Out Revisions もよろしく!

「WP 3.6 (Twenty Thirteen) と Standard WE ついでに Twenty Ten」への3件のフィードバック

  1. アップデート、お疲れ様です。
    新バージョンですが、カスタマイズした
    Twenty TwelveとTwenty Tenでも
    問題なく動作したことをご報告させていただきます。

    Twenty Thirteenはまだ触ったことが無いのですけど、
    お話を聞く限り、カスタマイズする際に大変そうな予感…。

  2. すみません、余計なuを付けてしまいました。
    上のコメントは、無限スクロール対応の要望をお願いしたkazです。

  3. kaz さん、報告ありがとうございます。Twenty Thirteen ですが、使う分にはそれほど難しくないと思いますよ。ただ、Standard Widget Extensions と組み合わせる際はちょっとだけ手を入れていただきたい、ということです。デザインとしては今風だと思うので、WordPress 3.6 が正式リリースされたら触ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*