WordPress 3.6 と Thin Out Revisions

WordPress 3.6 のβ1がリリースされました。 今回はそれをとっかかりに近況をまとめる感じで書いてみます。

WordPress 3.6 のリビジョン画面

WordPress 3.6 ではリビジョン画面が刷新されます。 下のスクリーンショットを見てください! これまでのリビジョン選択用テーブルの代わりに上部にスライダーが用意され、Ajax でリビジョン選択を行なえるようになります。

WP3.6 revision screen

そして、この画面のプログラミングには Underscore.jsBackbone.js が使用されています。 私は JavaScript 界隈に詳しいわけではないのでアレですが、どちらも人気のあるライブラリのようです。 で、私は Thin Out Revision というリビジョン画面に機能を追加するためのプラグインをリリースしているのですが、jQuery で画面に機能追加するような動作なのでそのままでは WordPress 3.6 で動かないわけです。 「ああ、困ったなあ」と思ったのがβ1 前のα版を触っていた 3月下旬のことでした。

Backbone.js

Backbone.js は MVC フレームワークです。 WordPress 3.6 のリビジョン画面も Model と View を使ってプログラミングしています。 そうすると画面ロード時に jQuery でちょっといじる程度では対応できないのです。 もしそれをやったとしても、画面が動的なのでボタンを押したりスライダーを使うとすぐに効果が消えてしまいます。 ああ、困った。

そこで Backbone.js を学習せねば、ということになるのですが、結局本家マニュアルと WordPress の wp-admin/revision.php と wp-admin/js/revisions.js が一番の材料でした。 その他に役に立ったのは以下のチュートリアルです。

あと、Waviaei さんの記事で紹介されている WordPress 3.5 関連動画で Underscore.js と Backbon.js が結構な時間を使って紹介されていて何ができるかを知るのには良いと思います。 結構早口な英語ですが。 ちなみに私はこの動画を見て JavaScript コンソールを使用するために Chrome をインストールしました。 まだそんなレベルです。

Prototypal inheritance

そして、もろもろ考慮した結果「リビジョン画面を拡張するにはそれ用の View を継承して手を入れるしかないでしょ」との結論に至りました。 現在は以下のようなコードを書いていて、何とか Thin Out Revisions を WordPress 3.6 に対応させることができそうです。

  TOR = {
    View: wp.revisions.view.Diff.extend({
      events: {},

      initialize: function() {
        _.bindAll(this, 'render');
        this.events = _.extend({'click #tor-thin-out': 'thinOut'},
                                wp.revisions.view.Diff.prototype.events);
      },

継承についてやってみてよくわからなかったのはやはり prototype 関連です。 JavaScript はクラスベースではなくプロトタイプベースの言語ということで、ここをしっかり理解せねばなりません。 これについては「JavaScript: The Good Parts」という本を読むのが良いと思います。 (私は自分の記事に従い洋書 Kindle 版を購入しましたが)

この部分についてはネット上にもきちんとまとめられた記事があります。私には今のところ __proto__ は必要なさそうですが。

その他

あと、関連する JavaScript ファイルは非同期に読み込まれているようなので SetTimeout (あるいは _.delay) で実行を遅らせねばなりません。 このあたりは色々な方が書いているのを参考にさせてもらいました。

それと WordPress 3.5 と 3.6 で動作を変えなければなりませんが、これについては PHP の方でクラスを階層化しました。 カレントバージョン用のベースクラスに対し 3.5 用サブクラスで必要な関数をオーバーライドするようにしています。

というわけで色々苦労していますが、JavaScript の経験値を積んでおり、プラグインのバージョンアップを WordPress 3.6 のリリースに間に合わせるのは何とかなりそうな気がしています。 後はもうちょっと利用者が増えたらなあ、という感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*