WordPress プラグインリポジトリの動作

ちょっとニッチな話題ですが (いつものことだ!)、プラグインを作って WordPress.org のリポジトリへプラグインをアップロードするときの Stable Tag 関連の細かい動作についてまとめておきます。 英文ドキュメントだけではわかりにくい気がするので。

trunk/readme.txt は原則 Stable Tag だけ参照される

プラグインのページからダウンロードできる安定バージョンを指定するには trunk/readme.txt の Stable Tag を使用します。 ここで注意が必要なのは、プラグインページの表示は trunk/readme.txt ではなく、Stable Tag で指定したバージョンの tags/安定バージョン/readme.txt の内容を元に表示されることです。 つまり、例えばプラグインページで typo があったりしたときに、それを訂正するにはわざわざそれ用の新バージョンを作って Stable Tag を更新しなければならないということです。

Stable Tag で指定したバージョンがなかったら?

例えば trunk の下のファイルを更新して開発を進めたところ、いい感じになったのでリリースしようと考え trunk/readme.txt の Stable Tag を 1.2 へ更新したとします。 しかし、タグ付けし忘れて、対応する tags/1.2 のディレクトリを作成し忘れていたらどうなってしまうのでしょう?

この場合は、プラグインページ上のダウンロードリンクの表示は「Download Version 1.2」となり、ダウンロードできるパッケージは trunk の内容を固めた Zip ファイルとなるのです。 問題ないですね。

であれば、プラグインページが枯れて (typo 等がなくなって) 安定するまでは trunk をダウンロードしてもらうというのも一つの手かなと思いました。 ともかく、Stable Tag 更新 → タグ付けの間に時間が空いても問題はないということです。

Stable Tag 更新とタグ付けは順番に実行

一度、trunk の更新 (含 Stable Tag 更新) と対応するバージョンのタグ付けを同時に check in したところ、「Download Version *」の表示が変化しないことがありました。 (ダウンロードできるパッケージは変化したように記憶しています)

というわけで Develop Center で紹介されている手順通り trunk (Stable Tag) の更新とタグ付けは別々に check in した方が良いようです。

ああ、何てニッチな話題なんだろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*