perl Expect を Windows で使用する

私は TeraTerm マクロよりも Expect 派なのですが、「今さら Tcl ってのもねぇ」というところもあるわけで、最近はもっぱら perl の Expect モジュールを使っています。 布教活動を行うには希望があればすぐに他の人の使っている Windows にインストールできるようにしておかなければならないので、今日は perl Expect を動かすための作業をメモ書きしておきます。 と言っても何が必要か知っていれば結構簡単に動いちゃうんですけど。

ActivePerl には該当するパッケージが無いので Cygwin で cpan コマンドからインストールして使います。 Strawberry Perl にはビルド環境があるようなので、IO::Tty が用意できれば同じように Expect もインストールできると思いますが未検証です。

Cygwin 関連パッケージインストール

Cygwin のデフォルトインストールで不足しているものは次のパッケージです。 これらを追加インストールします。

  • make
  • perl
  • perl-IO-Tty

Expect のインストール

あとは cpan コマンドで Expect をインストールするだけです。 cpan コマンドの初回起動時はいろいろありますが、あっちこっちで説明されているのでここでは割愛します。

$ cpan

cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v1.960001)
Enter 'h' for help.

cpan[1]> install Expect

これで Expect を使えるようになります。 コマンドを打って出力結果を整形する場合などは、本家 Expect より perl を使った方が楽だと思うので、興味があれば試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*