子供と鉄道模型

子供用にBトレをNゲージ化した車両が3編成になりました。これを使って息子と遊ぶのですが、最近は息子も手先がだいぶ器用になりリレーラーを使って線路に車両をのせることもできるようになりました。


ただし、成功するまでに時間はかかります。Nゲージ化したBトレは台車が 360度可動なので、カプラーが横に出たり、180度回転して内側になったりしているとなかなか直せません。


無事にうまく車両を線路にのせた後はコントローラを操作して車両を動かします。「ぱーぱっく、ぱーぱっく(パワーパック)」と自分の使っている道具の名前をきちんと覚えました。


こんな様子を妻が見て「子供をダシにして、Nゲージ製品を買う口実にしようとしている」と危機感を持っているようです。息子には模型は壊れやすいものだから大切に大切に、と教えているのですが、妻の方は平気で線路を足にひっかけて車両を脱線させたりします。近いうちに模型ライフにおいては息子の方が安全な存在になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*