EOS Kiss Digital N が修理から返ってきました

修理に出していた EOS Kiss Digital N が無事直って帰ってきました。約3週間かかりました。 修理は QR センターでなく量販店 (さくらや) にお願いしたわけですが、これは3年間補償 (HOT安心補償 タイプA) をつけていたためです。 購入価格の3%で加入できたのですが、2年経っているので全額でなく購入価格の 40% 迄が補償対象となります。 ただし、修理代の 10% は自分で負担しなければなりません。

今回の修理はキヤノンの修理技術認定店で行われ、修理費用は以下の通りでした。

技術料 9,000円
部品代 17,500円
消費税 1,325円
27,825円

ダブルズームキットを 140,000円で買っているので補償加入料は 4,200円かかりました。 修理代金の 90% 、約 25,000円が戻ってきますので、店員さんの勧めを鵜呑みにして加入したのですが、加入しておいてかなり助かったということになります。

さて、注意しなければならないのは手続きなのですが、一旦修理代を全額支払った後、補償金の請求手続きをすることになります。 手続きをしてから入金までは3週間~1ヶ月程度かかるそうです。 修理が出来上がったときに安心補償加入書の他、印鑑や振込先銀行口座情報を持っていかないとその場で請求手続きすることができません。郵送でも受け付けてもらえるそうですが、できれば店頭で申請内容をチェックしてもらった方が良いように思います。

かなり昔、どこぞの量販店でザウルスのカバーが壊れたときに「全損じゃないと補償対象にならないんですよねぇ…」と言われて以来延長補償は毛嫌いしていたのですが、今回はとても助かりました。 3年間というと修理に出す可能性があるかどうか微妙なところですが、実際このようなことがあると次回ボディを買うとき (いつだ?) も補償をつけてしまいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*