EOS Kiss Digital N で「Err CF」

電子機器の故障は大抵突然にやってきます。それは我が家の EOS Kiss Digital N にもやってきてしまいました。最初は撮影していると何枚かに1枚が "Err 02" となり写真が CF に書き込まれないという症状でしたが、そのうち電源を入れなおしても CF アクセスランプが異様に長く点灯し、"Err CF" が表示されるようになり、CF カードが全く使えないようになってしまいました。これまではこのようなエラーが出たことは全くありませんでした。

「CF 死んだか?」とも疑ったのですが、別の CF カードを使っても同様の症状です。ついでにいうとパソコンでは普通にこれらの CF カードを読み書きできます。どうやらカメラの方の故障のようです。

というわけで、Kiss Digital N を修理に出したのですが、出してから1週間ほど経ったある日、修理センターより電話が来ました。聞けば「異常が認められない」とのことです。テスト用の CF カードはきちんと使えたそうです。「そんなはずはない」と思ってもどう話せば相手を納得させることができるか、とっさの電話ではうまく話を組み立てられません。

そこで思い出したのが、量販店で故障を受け付けてくれた店員さんのアドバイスで一緒に送った MY CF カードです。 送った CF カードについては特に試していないようなので、「こっちは複数の CF 試してる。一緒に送った CF を試して欲しい」と伝えました。

一旦電話を切ってしばらくすると「現象を確認することができました。いただいた CF カードを試してエラーとなり、更にテスト用 CF を試すとエラーとなりました。どこかショートしているのかも知れません。」との連絡が入ってきて、無事修理してもらえることになりました。

というわけで現象を再現することが出来る付属品一揃いを一緒に送っておくというのは大事ですね。うちの Kiss は素直に (?) 電源を入れなおしても "Err CF" という症状になってくれたわけですが、何枚かに1枚 "Err 02" っていう状況だと修理センターに現象を認めてもらうのが大変かも知れません。今回は事情あって量販店経由ですが、そのような場合はキヤノン QR センターに持ち込むのが良いかも知れませんね。


関連記事
EOS Kiss Digital N が修理から返ってきました
EOS Kiss Digital N を1年使って
EOS Kiss Digital N 使用感 その2
EOS Kiss Digital N 使用感

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*