Cygwin 上で bogofilter を再インストール

ハードディスク換装に伴い Cygwin もインストールし直しとなり、bogofilter を最新のソース再コンパイルしました。 前回紹介した時とバージョンやら configure のオプションやらが若干異なるので記録しておきます。導入したバージョンは bogofilter-1.1.5 です。

まず、Cygwin でデフォルトではインストールされない以下のパッケージをインストールしておきます。

db4.3
libdb4.3
libdb4.3-devel
gsl
gcc
make

私の場合、ソースをコンパイルする前にリンクをいくつか張る必要がありました。

cd /bin
ln -s /bin/bash sh
cd /lib
ln -s libdb-4.3.a libdb.a
ln -s libdb-4.3.dll.a libdb.dll.a
ln -s libdb-4.3.la libdb.la
ln -s libdb_cxx-4.3.a libdb_cxx.a
ln -s libdb_cxx-4.3.dll.a libdb_cxx.dll.a
ln -s libdb_cxx-4.3.la libdb_cxx.la

さて次はコンパイル、インストールですが、configure で db パッケージのヘッダファイルを明示的に指定する必要があります。

./configure CPPFLAGS=-I/usr/include/db4.3
make
make install

これで無事 bogofilter がインストールされます。最近は /usr/local/etc/bogofilter.cf に次のように書いて判定時のしきい値を調整しています。

spam_cutoff = 0.80

bogofilter を呼び出すスクリプトもいろいろ手を入れていますが、これは次の記事に書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*