WordPress で簡単に OGP の設定を行う方法

Open Graph Protocol (OGP) についての記事は小難しいものが多いように見えたので触らないでおいたのですが、とりあえず対応するにはセマンティックな meta タグを埋め込むぐらいの話のようなので、これは対応せねばと思いました。 今回は WordPress を OGP に対応させるためにしたことをまとめます。

Facebook for WordPress プラグインを使うのがお手軽

OGP 対応で一番簡単なのは公式プラグインである Fackbook for WordPress をインストールすることです。 インストールしただけで特に設定をしなくても OGP 対応タグを記事中に埋め込むようになります。 「いいね」ボタン等の機能は無効にしておくことができ、埋め込む App ID の指定もできます。 公式プラグインという安心感があるので OGP 対応が目的の場合も Facebook for WordPress を選択するのが、良いように思います。

私の場合、App ID は今回初めて取得しました。 まだ、十分に調べることが出来ていませんが、App ID を記事に埋め込むことで様々な機能が有効になるので、きちんと設定しておくべきです。

以下 Facebook のサイト上で行うアプリ設定についての話です。 記事に埋め込んで機能させるためには、その記事を公開するサイトのドメイン (ここなら hetarena.com) を App Domains として設定しておかねばなりません。 また、App Domains に設定するためには、そのアプリと Facebook 統合方法でその URL が使われていなければなりません。 何にも設定しないと App Domains 登録でエラーになるので、例えば「Website with Facebook Login」のサイト URL として http://hetarena.com/ を設定しておきます。 こうすることで App Domains にも hetarena.com を設定できるようになります。

できるだけシェイプアップしたい

本当に簡単に済ませるのであればここまでで、ここから先はこだわりの話です。 OGP 対応のみが目的のとき、Facebook for WordPress の出力する余分な JavaScript が記事に埋め込まれるのが気になります。 そこで、Facebook for WordPress のソースを見てみると、OGP 対応は open-graph-protocol.php というファイルの Facebook_Open_Graph_Protocol というクラスだけを使えば済むことに気が付きました。 app_id と locale は呼び出し元クラスの情報を使っているのですが、以下のように強引に書き換えてしまいます。 my app id は自分 App ID です。 locale については特にデバッガーもエラーを吐かないので、省略しました。

--- a/includes/open-graph-protocol.php
+++ b/includes/open-graph-protocol.php
@@ -121,12 +121,7 @@ class Facebook_Open_Graph_Protocol {
                        self::OGP_NS . 'type' => 'website'
                );

-               if ( isset( $facebook_loader ) ) {
-                       if ( isset( $facebook_loader->locale ) )
-                               $meta_tags[ self::OGP_NS . 'locale' ] = $facebook_loader->locale;
-                       if ( isset( $facebook_loader->credentials ) && isset( $facebook_loader->credentials['app_id'] ) && $facebook_loader->credentials['app_id'] )
-                               $meta_tags[ self::FB_NS . 'app_id' ] = $facebook_loader->credentials['app_id'];
-               }
+               $meta_tags[ self::FB_NS . 'app_id' ]  = 'my app id';

                if ( is_home() || is_front_page() ) {
                        $meta_tags[ self::OGP_NS . 'title' ] = get_bloginfo( 'name' );

あとは functions.php に以下を入れます。 open-graph-protocol.php へのパスは適切に書きましょう。

require_once( '/path_to_ogp/open-graph-protocol.php' );
add_action( 'wp_head', array( 'Facebook_Open_Graph_Protocol', 'add_og_protocol' ) );

これで余分な出力はなくなり、OGP の meta タグのみ出力されるようになりました。

…とここまで書いてアレなのですが、埋め込まれている JavaScript に重要な働きがあることがわかりました。 fb_xd_fragment がログに残る件がらみなのですが、詳細は別記事でご確認ください。 そういうわけでこのようにクラスを切り出して使うのはお勧めしません。 Facebook for WordPress をそのまま使いましょう。 (この段落は 2012/12/4 追記)

アイキャッチイメージを記事に設定する

Facebook for WordPress (Facebook_Open_Graph_Protocol クラス) の動作では、記事に設定された「アイキャッチ画像」の情報を image プロパティとして埋め込みます。 Facebook のデバッガーによれば縦横 200px 以上のイメージをきちんと設定しておくことが推奨とのことです。 これまでアイキャッチ画像は使っていなかったので、新たに 200px 四方のロゴをアップロードして全ての記事のアイキャッチ画像として設定することにします。

(2013/1/20 追記: もっと手軽な方法がありました。)

まず、記事に見える形で表示したくないので、テーマファイルから以下の行を削除しました。

<?php the_post_thumbnail(); ?>

続いて記事へのアイキャッチ画像の設定ですが、面倒なので SQL で実行することにしました。 以下の SQL 文はアイキャッチ画像が設定されていない post/page に対して ID 654 の画像をアイキャッチ画像として設定するためのものです。

START TRANSACTION;

INSERT INTO wp_postmeta (post_id, meta_key, meta_value)
SELECT id, '_thumbnail_id', 654
FROM wp_posts
WHERE post_type IN ('page', 'post')
AND NOT EXISTS
(SELECT * FROM wp_postmeta
 WHERE meta_key = '_thumbnail_id'
 AND wp_postmeta.post_id = wp_posts.id);

COMMIT;

何か失敗したときに Rollback ができるようにトランザクションを有効にして実行しています。 これで image プロパティも meta タグとして埋め込まれるようになりました。 これらを実行する時は、画像 ID だけでなくテーブル名も自分の環境に合わせてください。 マルチサイト環境ならば wp_2_postmeta、wp_3_postmeta、… となりますね。

これで「簡単な」なのかという声が聞こえそうですが、やっている内容に比べたら簡単にやっているのではないでしょうか…。(苦しい)

「WordPress で簡単に OGP の設定を行う方法」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*