コマンドラインから WordPress 関連処理を実行する

FC2 ブログで行ってたつぶやきアーカイブを hetarena.com に移すために、コマンドラインで実行するための記事投稿用プログラムを書く方法を調べてみました。 wp-cron ではなく OS の crontab を使用したいので、単独の PHP プログラムファイルとして動かしたいのです。

結論からすると簡単で wp-load.php をプログラムの最初に読み込めば良いです。 参考にしたのはこちらの記事ですが、投稿を作成する程度であれば特に $_SERVER を設定しなくても動きました (→ マルチサイト化されていると $_SERVER を設定しなければ動きませんでした。追記参照)。 以下サンプルコードです。 コマンドラインから実行すると 7/7 付けの投稿が作成されます。 使用する場合はご自分の環境に合わせて修正してからお試しください。

#!/usr/bin/php
<?php

//require the WP bootstrap
require_once('/usr/share/wordpress-ja/wp-load.php');

class WP_Command_Line {

  public function __construct() {
    //nothing here
  }

  public function main() {

    $post = array (
      'post_content'   => 
        "<p>これはインポートされた記事です。</p>\n<p>よろしく!</p>",
      'post_type'      => 'post',
      'comment_status' => 'closed',
      'ping_status'    => 'closed',
      'post_status'    => 'publish',
      'post_author'    => 2,
      'post_title'     => 'テスト用記事',
      'post_date'      => '2012-07-07 00:00:00',
      'post_category'  => array(6)
    );
    $e = wp_insert_post($post, true);
    if (is_wp_error($e)) {
      print $e->get_error_message();
    }
    else {
      print "Post ID = " . $e . "\n";
    }
  }
}

$importer = new WP_Command_Line();
$importer->main();

wp_insert_post の Tips も簡単に紹介しておきます。

  • $post->post_date を設定しなければ実行時の時刻で記事が作成されます。
  • $post->post_author や $post->post_category は既に存在するユーザ/カテゴリーの ID を渡します。 カテゴリーは配列を渡します。
  • 記事 ID 指定で追加したい時は $post->import_id に ID をセットします。$post->ID は更新の時に使います。

詳しくは wp_insert_post のリファレンスをご確認ください。


2012.7.28 追記
マルチサイト化されていると $_SERVER の設定が必要です。以下の様な感じで動きました。

$_SERVER = array(
  "HTTP_HOST" => "hetarena.com",
  "SERVER_NAME" => "hetarena.com",
  "REQUEST_URI" => "/",
  "REQUEST_METHOD" => "GET"
                 );

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*