パッと見の主観ですが

エディで携帯電話を使って利用者同士で電子マネーを転送できるサービスが始まるそうです。世間を騒がす IT 詐欺用のネタが一つ増えたような気がするのは私だけでしょうか?


日経新聞 7/6 夕刊によると「携帯電話へのエディの蓄積は五万円が上限。現金への転換は現在、認められていないため、大量の不正送金など犯罪に使われる可能性は低いとみられる」そうですが、その程度で抑止効果ってあるのでしょうか? 深く知らずに書いちゃいますが、例えばアシがつかない使い捨て携帯電話の市場がそれなりの規模であるのならば、そこにエディの金額を乗せて量をさばいて儲けることもできるような気がします。携帯電話自体の価格も今は高いのかも知れませんが、下がっていくだろうし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*