JB-STD 買ってしまいました

いよいよバンドでオリジナル曲をやることになったのですが、バンド編成をどうするかが悩みどころで、一つの解決パターンは私がベーシストになることだったりします。 で、ものは試しとエレキベースを買って来ました。 Fender Japan の JB-STD です。 ちなみにカラーはスリートーン・サンバーストです。

一応 JB62-US (アルダーボディ、USAピックアップ) 等と弾き比べもしたのですが、上位モデルにピンと来るものはなかったので JB-STD にしました。 62年スタイルと言われてもこだわりはないし、確かに JB-STD のネックの塗装は安っぽいですが、木っぽい感じが逆に私には好ましく思えます。

さて、早速練習を開始するわけですが、やはりベースは指弾きをせねばと思うわけです。 で、やって見るとなかなか難しい。 粒を揃えて安定して弾けるようになるには多少時間がかかりそうです。 親指の置き場所をピックアップと4弦の間でスイッチするのが最初はぎこちないです。

エレキギター (SGV-800) をエレキベース (JB-STD) に持ち替えてのとりあえずの感想:

  • ネックが長い。でも太くはない。
  • 思ったよりボディは重くない。
  • ベースの弦って高価ですね。 エレキギターの弦より交換時期を長くとっても良いのだろうか…

ちなみに教則本は Amazon の書評を参考に「これからはじめる!!エレキベース入門」を買いました。 大きな不満はないですが、

  • TAB 譜だけというのはどうだろう。
  • 指弾きとスラップにもう少し紙面を割いて欲しかった。

という気がします。 初心者向けとしては妥当なのかも知れませんが。 いずれにせよ、まずはこの本の譜例をきちんとこなして行こうと思います。

エフェクトに関しては SE-70 で足りるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*