週刊「鉄道模型 少年時代」

「昭和の鉄道模型をつくる」の続編として週刊「鉄道模型 少年時代」が 8/20 より発売開始されるそうです。 講談社BOOKクラブのサイトで紹介されています。

このサイトの内容をざっと見てみると、「鉄道模型 少年時代」は「昭和の鉄道模型をつくる」に比べて以下のような特徴があります。

  • ベースボードに高低差がつき、シーナリーの中では比較的表現の難しい水面 (川) がある。
  • 夜景のために LED ライトが組み込まれる。
  • 5種類のサウンドを出す機構が組み込まれる。
  • (後から追記) 引き込み線 (ポイント) がなくなった…

私の場合、「昭和の鉄道模型をつくる」は購入しませんでしたが、最近子供と一緒に作るのにはお手軽かもと思うようになりました。 息子には一時期レイアウト制作のテレビ番組を見ては「模型 (=レイアウト) 作ろう」と私に言っていた時期があります。 また、ライトのつく情景にも憧れがあるようなので、ちょっと悩んでみます。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*