40―翼ふたたび

最近小説は読まなくなってしまっていて、久しぶりに手に取ったのがこの本「40(フォーティ)―翼ふたたび」です。 まさに今の自分の年齢の本だし、石田衣良ならば大きくハズれることも無いだろうと買ってきたのでした。

この本はいくつのエピソードがつながって一つの大きな物語を作り上げる構成になっています。 最初のうちは文調や、テーマ、展開のシンプルさから題材は 40歳でももっと若い読者を想定しているのかとも思いました。

しかし、最後のエピソード「日比谷オールスターズ」を読んでやっぱりこれは作者から 40代への応援歌なのだと理解しました。 いや、これだって話はシンプルだし、「こんなにうまく行くのは小説の中だけだよ!」と突っ込みたくもなります。

それでも私は卓巳の言葉に感動させられてしまいました。ええ、単純なんです。

「じゃあ、いくぞ、四十歳から始めよう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*