弁理士試験関連書籍情報アップデート

前回の記事を書いた後に購入したもの (ただし青本を除く) を紹介しておきます。

「著作権法」
著作権法短答試験のための勉強をどこまでどのようにやるかというのは悩みどころではありますが、大御所中山先生の書いたこの本は押さえておくべきでしょう。 弁理士志望だけでなく、ネット上の著作権に関する様々な記事を読んで著作権法に興味を持ち、「概要だけの説明記事ではかえって何を言っているかわからない。ちゃんと知識を持ちたい」という人も読んでみると良いと思います。ちと高価ですが。

「商標・意匠・不正競争判例百選」
待望の判例集だと思います。私はまだ買っただけになってしまっていますが。

「工業所有権法(産業財産権法)逐条解説 第17版 第18版」
これも待望だと思いますが、青本のアップデート版です。値上げもしています。 Amazon にはまだ旧版も在庫が残っていたりするようですが、間違わないようにしましょう。 しかし、私はまだ購入していません…

「キヤノン特許部隊」
弁理士試験に直接役立つものではないですが、実務の一端が垣間見れる本です。 最先端の話にはなっていないかも知れませんが、モチベーション向上に役立つと思います。

その他、短答対策にWセミナーの体系別過去問集を買っています。前回の記事で紹介した過去問集は今ひとつでしたが、こちらは解説がきちんとしていてお勧めできます。(以下のリンクは今年の受験用です)


2010.10.14 追記 工業所有権法逐条解説は 18版になったので本文の版数だけ修正しています。 これはダウンロードも可能になっていますね。 前回記事のコメント欄を参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*