テルミンを書店で衝動買いすることになるとは..

まさか書店に「テルミン」が置いてあるとは思いませんでした。知らない人のために説明すると「テルミン」というのは世界初の電子楽器です (Wikipedia のエントリ)。 私は大昔 (多分 20年ぐらい前) のキーボードマガジンの紹介記事で知ったのですが、最近は日本にも「テルミニスト」がいてそれなりに知名度があがっているようですね。それでも書店でテルミンが税込 2,300円で売られているとは想像しませんでしたが。

というわけで今回買ったのは「 大人の科学マガジンVol.17 テルミン 」です。小さなテルミン、「テルミンmini」が付録でついてきます。 本の方もまるごとテルミンといった感じです。 今現在サイトが重くなっていますが、大人の科学のサイトにテルミンmini の弾き方ガイドと模範演奏の動画が公開されています。

実際の組み立てはドライバー一本で簡単に出来ます。15分程度で組み上げることができました。 本来テルミンは両手を使ってピッチとボリュームをコントロールするのですが、テルミンmini ではピッチのコントロールのみできます。 また、出力は内蔵スピーカーのみで、アンプ等に出力するためには改造が必要です。電源は単三電池が4本です。

さて、実際やってみるとチューニングに手間がかかり、演奏もやはり難しいです。 もちろん、それはそういう楽器だからなわけで買ったのを後悔することにはなりません。 「テルミン」と聞いてピクッとしてしまう人にとっては買って損はないと思います。 少なくともテルミン奏者の偉大さがわかって良いのではないでしょうか。 本誌中の記事では懐かしいシンセの写真も見ることができます。

本誌にはアンプ出力用のジャックをつけたり、2台分のテルミンmini を使ってボリュームコントロールができるようにしたりする改造が紹介されています。ジャックをつける程度ならば簡単にできそうなので演奏の腕が上がればやってみたいところです。 その前にギターを練習しなければですが…


2007.10.3 追記
執筆された方のサイトで改造時の写真が公開されています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*