WordPress のリビジョンについての間違った認識と正しい対処

WordPress のリビジョン機能は冷遇されているようで検索すれば無効化する方法がたくさん見つかります。 一方でこの機能が「使える」ものだったらやっぱり使いたいよなあ、という人も多いのではないでしょうか。 ブログ記事は書き捨てというやり方だけでなく、注目を集め反応が多かった記事に情報を追記していく場合もあるでしょう。 また、WordPress のビジネス利用も増えていますが、そうであればなおさらリビジョン管理は重要です。 そこで今回は現行のリビジョン機能の何が問題でどうすれば解決するかをまとめたいと思います。

まあ、リビジョン機能止めて別に困らないという人はそれでいいのですけれど。

まずは正しい認識を

まず、WordPress のリビジョン機能について正しい認識を持ちましょう。 あまり理解されていないように思われるのは以下の点です。

  • 自動保存は 1世代のみ
  • リビジョンが作成されるのはポストテーブル (wp_posts) 内容のみ。 wp_postmeta や wp_term_relationships などの関連テーブルは (プラグイン等を用いない限り) リビジョンが作成されない。

つまり、デフォルトの 60秒間隔自動保存でバンバンリビジョンが増えていくというわけではないです。 また、ポストテーブルのリビジョンのみ、すなわちカテゴリーやタグの付け替え履歴は残らないので、WordPress のリビジョン機能は、基本的に記事にしたテキストデータの変更履歴を取るための機能と捉えるのが良いと思います。

データベース関連についても一言言っておきます。

  • 通常の一記事表示ではインデックスを使用した検索になるので、ポスト数が増えても検索時間は比例しない。 なので、個人ブログレベルであれば、リビジョンを作成したからといって (よほど作りの悪いテーマやプラグインを使っていない限り) パフォーマンスに影響が出ることはまずない。

まあ、データベースの容量に関しては確かにリビジョンを作成することでその分使用領域は増えます。 しかし、所詮テキストデータなので、画像に比べればたかが知れています。

あっ、まさかリビジョンを作成するとそのページで使った画像まで何世代も保管されちゃう、なんて思っていたりします? 念のために言っておきますが、それはないです。 イメージデータそのものはデータベースに入らないですし。

もう一度書きますが、リビジョンが作成されるのはポストテーブルの内容のみです。 ポストテーブルの内容を知らなければこちらで確認しておきましょう。 タグやカテゴリーの情報はポストテーブルに入っておらず、別テーブルから post_id を使ってポストテーブルを参照するようになっています。

でもリビジョン多くね?

と、ここまで読んでも「実際には多数リビジョンが出来てるし、嘘書いてんじゃねーの?」と疑っている人もいるでしょう。 確かにリビジョンが多く作成されてしまうのは事実です。 これは WordPress の以下の動作によるものです。

  1. 下書きの状態 (公開前も含む) でプレビューをするたびにリビジョンが作成される。
  2. クイック編集や一括編集でもリビジョンが作成される。

1. については思い当たる方が多いのではないでしょうか? 公開前はプレビュー操作を行って最終的な見栄えをチェックしながら文章を調整することがあると思いますが、そこでプレビューする度にリビジョンができてしまうのです。公開された記事のプレビュー操作では自動保存リビジョンとなるのでどんなにプレビューしても 1世代なのですが、公開前だと何世代ものリビジョンができてしまいます。 たいていの場合は公開初版のリビジョンだけあればよいですよね。

2 については更に不要です。 このような編集方法を採るときはタグやカテゴリーを直す場合が多いと思うのですが、そうなるとポストテーブルの項目に変更は発生しないことが多いにも関わらずリビジョンが作成されてしまうということになってしまいます。 ですので、リビジョン比較をしても「同じ内容です」というちょっと悲しいリビジョンばかりできてしまいます。

どうすりゃいいのさ?

さて、これらの不要なリビジョンを保存せずに、意味のあるリビジョンだけ残すにはどうすれば良いのでしょう? ちょっと考えてもどうしようもなさそうですね。 でも簡単な解決策があるんです。 それは…。

(縦に長い空白地帯)

じゃーん。 リビジョン管理用のプラグイン「Thin Out Revisions」を使えばよいのです。 以下の手順で不要なリビジョンとおさらば!

  1. あなたのサイトのプラグイン検索画面から Thin Out Revisions を検索してインストール、有効化する
  2. 「設定」-「Thin Out Revisions」とメニューを選び 3項目全て ON にして保存する

えっ? 作者が日本人っぽい? どっかで見たアイコン?

…実は私がつくったのです。

ステマではありません。作者による告知です! それとこんな機能もあります。 気に入ったら是非つぶやいたり、「いいね!」したりしてください。お願いします! お願いします!

(後半雰囲気を変わってしまいましたが、同じ著者によるものです。セッティング項目の見出しは一応読んでね。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*